info_top
九重九湯 霊泉 寒の地獄


 女将さん寒の地獄旅館紹介メッセージ3:30/273 Kbps
   
霊泉 寒の地獄
九重連山の麓に自噴する霊泉 寒の地獄は14℃の冷泉です 
昔から湯治客を癒してきたその霊泉の泉質は硫化水素泉・・気温気候などで源泉の色が変化します 寒の地獄の源泉も春から夏にかけては苔の影響か?エメラルドグリーンに輝き秋から冬にかけては鮮やかなブルーに染まります
上の写真は寒の地獄のご主人から提供された貴重な写真です。飲泉場と思っていたとこは、実は寒の地獄の冷泉打たせであることを写真で初めて知りました。昔はゴザやむしろを敷き頭部を(写真のように)打たせるようです。自律神経や更年期などの体の不調に効能があると聞きました。その下の写真に少年がひとり写っています、これは今のご主人の若かりし時の写真です。その横は明治大正時期の寒の地獄旅館の写真です。

春季の寒の地獄源泉
春季になると温泉成分影響で源泉が鮮やかな緑色=エメラルドグリーンに染まります
厳冬期の寒の地獄源泉
寒さ厳しい冬期は14℃の源泉から湯気がモウモウと湧きます


夏から立秋頃の寒の地獄源泉2005/10/24撮影
                       ISDNバージョン
寒の地獄女将さんコメント2005/10/24撮影
                       ISDNバージョン
寒の地獄旅館-互久楽湯(桧湯)
大浴場のひのき湯は、切石が浴槽内に敷かれており、肌触り心地よいです。30cm隣どおしの地獄(源泉)と極楽(加熱泉)を行ったり来たりする温泉です。鳥肌立つ冷泉から温かい極楽に戻る時、一種の浮遊感を体感でき感動もんです。
寒の地獄旅館-源泉の小川

霊泉 寒の地獄HPはこちら



Page Top



この改行は必要→